希望した転勤で住宅ローン 転勤は何ら問題なく支払いできました

転勤では十分過ぎる家賃

私は独身者なので妻や子供はいなかったので、引越しする際にも大きな手間は掛かりません。
ただし、持ち家の分譲マンションはそのまま誰も済まない状態にしておくと、却って老朽化が進むことと、少しでも資金を貯めることを希望して賃貸物件で貸し出すことを希望しました。
このことにより住宅ローン 転勤の問題は一気に解消することができ、貸し出す際には地元の不動産会社に全ての仕事を任せて管理も行ってもらうという契約を結ぶ方法です。
最大で3年間の賃貸になるので、当初は借り手がなかなか決まらないのではという不安があったことは事実ですが、私のマンションは立地条件に恵まれていて、新築で購入してから3年程度しか経過していないので、敢えてリフォームをしたり、機材交換などをする場所はなく、現状のままで貸せることにメリットがあり、立地条件の良さから直ぐに借り手は決まりました。
借りる方には特別な制限を設けさせてもらい、お子さんがいないご家庭のみという条件です。
この条件には大きな意味合いがあり、やはりお子さんが生活をしていると、おもちゃで傷を付けてしまったり、飛び跳ねることで損傷が出てしまうことの不安を無くすためです。
必然的に水周りの設備の利用頻度も増えてしまうので、この場所の老朽化も不安に感じた結果の判断です。
肝心な家賃額は8万円に設定していて、この家賃額は住宅ローン 転勤では十分過ぎる家賃と判断できました。

分譲マンションを購入転勤では十分過ぎる家賃賃貸で貸し出したことは正しい判断だった